簡単!バスクチーズケーキ

スペインのバスク地方が発祥とされるバスクチーズケーキ。
香ばしい焦げ目とクリーミーなキリの味わいが口いっぱいに広がります。材料を混ぜて焼くだけで出来る簡単レシピです。

カテゴリー
デザート
レベル
初級
調理時間
40分
寝かせる時間
2時間10分
分量1
5号サイズ 15cm型

材料

  • キリ クリームチーズ 290g
  • グラニュー糖 110g
  • 薄力粉 8g
  • 生クリーム 35% 155g
  • 全卵 125g

Chef's Comment

  • 大切な人への贈り物に。作れると自慢できるお菓子です。
  • 強火で焼き上げるため、外側は黄金色で、内側はレアに仕上がります。
  • ご家庭のオーブンで作りやすいレシピです!

作り方

Recipe movie 動画で作り方をチェック!

1

フードプロセッサーに、グラニュー糖、薄力粉を入れて均一にブレンドします。

2

次に、キリ、溶いた全卵、生クリームを加えて再度ブレンドします。

ボウルとホイッパーを使用して作ることもできますが、空気を含ませる生地作りではないため、フードプロセッサーを使用するのが最適です。

2b

3

混ぜ合わせたら濾します。

4

濾したら型紙を敷いた型に流し込み、表面のキメを整えます。

5

高温(235-240°C)で25分間焼きます。

小さな家庭用オーブンは、ケーキの表面が焼けて内側が焼けにくいデメリットがありますが、このレシピではそれが上手く機能します!

6

焼き上がったらオーブンから取り出して中央が揺れる状態が良い焼き上がり状態です。

7

すぐに冷蔵庫には入れず、室温で予熱が取れるまで冷ましてから、最低2時間冷蔵します。

余熱でケーキの中心が焼き上がりますので、オーブンから取り出した直後は冷蔵しないでください。

型紙について

  • クッキングシートには、シリコンコート紙とノンシリコンコート紙の2種類があります。レシピに応じて使い方を理解しましょう。
  • ロールケーキやジェノワーズなどを焼くときには、シリコン加⼯していない紙を使⽤し、スフレフロマージュやバスクチーズケーキを作るときにはシリコン加⼯してある紙を使⽤します。