野菜がもっと好きになるスープサラダ

焦がしバターの香りが漂うスープに香り高い野菜を合わせました。見た目にも美しく、野菜の美味しさを再確認できるサラダレシピです。

カテゴリー
サラダ
レベル
中級
調理時間
55分
分量1-2
1-2 人分

材料

スープ

  • 200ml
  • チキンブイヨン 3.2g
  • キリ クリームチーズ 30g
  • ローリエ 1枚
  • 塩、ホワイトペッパー 適量
  • 焦がしバター 10g

野菜

  • お好みの野菜(根菜、葉野菜、食用花)蕪、玉ねぎ、えんどう豆、スナップえんどう等
  • 根菜や葉野菜を食べやすく炒めやすいサイズにカット。
  • 食用花は飾りやすいように。

作り方

スープ作り

1

鍋に水、ローリエ、チキンブイヨンを入れて沸騰させます。チキンブイヨンが溶けたら火を止めます。

2

柔らかくしたキリをボウルに入れ、そこにステップ1で作ったスープを少し加えてなじませ、残りを加えて混ぜ合わせます。

3

塩、ホワイトペッパーで味を調えて濾します。

フィリング作り

4

カットした根菜をボウルに入れ水に浸し、ラップをして電子レンジで柔らかくなるまで温めて、塩、ホワイトペッパーで下味をつけておきます。じゃがいもはその後、食べやすいサイズにカットしておきます。

5

次にフライパンにオリーブオイルを敷き、炒めやすいようにカットした葉野菜を入れて炒めます。炒めたら一度バットに移します。

6

カットした玉ねぎ、えんどう豆、スナップえんどう豆をベーキングシートを敷いた天板の上に置き、ハケを使用してオリーブオイルを塗ります。
220°Cで15分間焼きます。途中様子を見ながらひっくり返して両面を焼いていきます。

玉ねぎをはじめ、野菜の甘さがしっかりと引き出せるように適切な加減で火を通してください。

7

焼き上がったら、豆類は皮から中身を取り出します。すべての野菜を塩、ホワイトペッパーで味付けします。

焦がしバター作り

8

鍋に無塩バターを入れて弱火で焦げ目がつくまで煮詰めます。

ポイントは、バターをじっくりゆっくりと加熱して、深みのある味わいに仕上げることです。

組み立て

9

まず、焼き上げた根菜を器の底に盛り付けます。

次に、炒めた葉野菜、生野菜を盛り付けます。

続いてリーフ類、食用花を盛り付けます。

10

野菜の上に焦がしバターソースをかけます。

11

最後にスープを注いでお召し上がりください。