1966年、フランスで「子どもたちが食べておいしいクリームチーズ」を目指して作られた「キリ クリームチーズ」。発売から半世紀以上が経った今もなお世界中で愛されていますが、それはご家庭にとどまらず、名だたるトップパティシエも“自分の創作に欠かせないアイテム”として愛用しています。その魅力とは?

小山進シェフ
小山進シェフ

日本を代表するトップパティシエの一人、「パティシエ エス コヤマ」の小山進シェフは、使用するクリームチーズのほとんどをキリにしているといいます。
そんな小山シェフに“キリとの出会い”や、“30年以上キリを使い続ける理由”をお伺いしました。

高木康裕オーナーシェフ
高木康裕オーナーシェフ

数々のコンクールで受賞歴を持つ「菓子工房アントレ」高木康裕オーナーシェフにとって、キリは修行時代の思い出が詰まった素材なのだそう。
今もなおキリを愛用する高木シェフに“フランスでのキリとの出会い”や、“キリに感じる可能性”についてお伺いしました。

第13回キリ® クリームチーズ
コンクール
受賞者インタビュー

2017年夏、お菓子に携わるすべてのプロフェッショナルを対象に「キリ クリームチーズ」を使ったスイーツで技術と創造力を競う「キリ クリームチーズ コンクール2017」が開催されました。

キリ クリームチーズ コンクール2017

技術力はもちろん、創造力や自分の作品への思いを的確に伝えるプレゼンテーション能力・表現力が試される厳しい審査を経て、2017年8月3日に各賞受賞者が発表されました。

受賞者のコンクールや作品に対しての思い、今後の目標などスペシャルムービーでお楽しみください。

受賞者が語る「キリ® クリームチーズコンクール」

『キリ クリームチーズコンクールの魅力
(総集編)』

『キリ クリームチーズ コンクールの魅力
(生菓子部門)』

『キリ クリームチーズ コンクールの魅力
(焼菓子部門)』

『キリ クリームチーズ コンクールの魅力
(ファクトリー部門)』

『キリ クリームチーズ コンクールの魅力
(ジュニア部門)』

『キリ クリームチーズ コンクールの魅力
(Mart読者審査員特別賞)』

第13回キリ® クリームチーズ
コンクール密着番組 放映決定!

第13回キリ® クリームチーズコンクール

挑戦者たちのスペシャリテ
2017年9月30日 12:00~12:30 
BSフジ

「キリ クリームチーズコンクール」に臨むパティシエの1日に密着。それぞれの秘めた想いと挑戦する姿を通してコンクールの魅力に迫ります。
(ナレーション:藤木 直人)

BSフジの番組ページへ

kiri またはキリはフロマジェリー・ベル社の商標または登録商標です。