フランス生まれのフレッシュフレーバーチーズ フランス生まれのフレッシュフレーバーチーズ

ユニークなパッケージでおなじみの
「ラッフィング カウ」は、
世界中で愛されるワールドワイドチーズポーション。

1921年にフランスで発売され、今ではアメリカ
からイギリス、オーストラリア、アフリカ、そして
日本等々、世界130カ国以上で
愛されています。
フランス フロマジェリー・ベル社の原点となった
チーズポーションです。

ラッフィング カウ

ラッフィング カウ

<140g/8個入り>

世界130カ国以上で愛されている塗るチーズポーション。
パンやクラッカーにたっぷりのせて、クリーミーでコクのある味わいをお楽しみください。
カルシウムは牛乳の約5倍と、栄養もたっぷりとれるので、朝食やおやつにぴったりです。

成分表示・アレルギー情報

栄養成分 1個 17.5gあたり

エネルギーたんぱく質脂質炭水化物ナトリウム
43kcal2.0g3.3g1.3g120mg
カルシウム食塩相当量カリウムリン
109mg0.3g36mg160mg
原材料名:
ナチュラルチーズ、バター、脱脂粉乳、乳たん白、乳化剤、pH調整剤
アレルギー:
乳 ※本品生産工場では小麦を含む製品を生産しています。
特定原材料に準じるもの なし

× 閉じる

ラッフィング カウの歴史

worldwide

Laughing Cow®(ラッフィング カウ)はユニークなアルミにくるまれた、保存が可能で、簡単に持ち運べるチーズとして1921年にフランスで初めて誕生しました。ベル社の創立者であるジュール・ベルから事業を引き継いだ息子のレオン・ベルは “La vache qui rit/ラヴァシュキリ(笑う牛)”の名前で商標登録をし、ここから正式に株式会社としてフロマジェリー・ベル社がスタートしたのです。現在ではアメリカからイギリス、オーストラリア、アフリカ、そして日本等々、全世界130カ国以上で親しまれる人気商品となりました。

lineup

イヤリングをしたこのユニークな牛のキャラクターの作者はBenjamin Rabier(ベンジャミン・ラビエ:1864~1939)。フランスの有名なイラストレーターで広告のイラスト、漫画、絵本等を手がけ、多くの優れた作品を残しています。とくに動物を描いた作品が素晴らしく、さまざまな動物の表情や動きがイキイキと描かれ、その繊細な色使いやタッチと風刺的なストーリーでファンを魅了していました。彼の描いた“La vache qui rit(笑う牛)”からは、多くのキャラクターグッズが生まれています。


The Laughing cowはフロマジェリー・ベル社の商標または登録商標です。